【シュガースポットコーヒー】軽井沢、心を篭めた、3世代カフェ | The Sugar Spot Coffee 長野県 軽井沢/5月〜10月まで:営業時間8:30〜18:00(ラストオーダー17:30)定休日:第1木曜日&水曜日/9月〜4月まで:営業時間9:00〜18:00(ラストオーダー17:30)定休日:水曜日、木曜日※3月は少し長めの休暇をいただきます。TEL&FAX 0267-41-0044

食の世界に飛び込んだ時、6つのキーワードを教えて頂きました。“個性”“New+Next”“社会的貢献(社会に提案する)”“健康”“Passion”“目標を高く持つこと”健康を基本に少し新しいこと、自分自身が訪れたいこだわりのカフェを情熱を持って社会に提案するお店。そんな思いでお迎えさせていただきます。/シュガースポットコーヒー3つのコンセプト:3世代が心地よく憩える空間/豆からカップまでフレッシュ焙煎豆を利用した珈琲/スポーツ観戦とこだわりの品々:飲み頃、食べ頃のお食事をお楽しみください。/最適な状態の豆をご提供します。/ウッドデッキのハンモックでゆらゆら/スポーツLIVEイベントをお楽しみください。/ショートテラスもちょっとした寛ぎの場です。/こどもたちが楽しめるカフェスペース/授乳やおむつ替えも心配いりません。/ゆったり余裕の40席(店内禁煙にご協力ください。屋外に喫煙スペースを設けております。ハンモック席と屋外指定場所のドッグアンカーをご利用ください。)

●Sugar Spot Coffeeの由来:シュガースポットとはバナナにできる黒点のこと。バナナが“食べ頃”になるとでるサインだそうです。農産物であるコーヒー豆にも飲み頃ってあるのだと思います。一番美味しく飲める“飲み頃”を意識して一杯ずつ心を篭めてご提供したい。そんな思いでこの店名にしました。●こどもカフェ、おとなカフェ:【こどもカフェ】フルーツジュースは、果物をミキサーや絞り器にかけた新鮮なジュースを提供します。自分たちの育児経験から新生児には、備え付けの布団を利用して頂き、寝かせながらおかあさん、おとうさんがホッと憩える空間にしています。こどもたちが退屈しないよう工夫し、絵本、遊具も用意しています。1面の壁を鏡にしていますので、こどもカルチャー等にも利用可能です。おとうさん、おかあさんのカプチーノにラテアートを描いてあげたり、自分のココアにラテアートを描いたりすることができます。【おとなカフェ】ドリップ、プレスコーヒー用の豆は、焙煎後3週間以内、エスプレッソ用の豆は、焙煎後1週間ねかし4週間以内の豆を使用しています。また焙煎前3回、焙煎後2回ハンドピックと呼ばれる、味の障害となる豆を取り除きお客様に最良の豆を提供致します。紅茶・ハーブティは、東京 吉祥寺にあるカレルチャペック様のものを厳選して提供致します。カレルチャペックの紅茶は、私たち夫婦にとっても思い出のある紅茶です。日本茶は静岡袋井の「にしたな」の深蒸し煎茶、ほうじ茶をご提供いたします。にしたな様は2013年 農林水産大臣賞を受賞されました。屋外にお二人でいらした方用にハンモック席をご用意しています。●自家焙煎豆の販売+オンラインショップ:販売する豆は焙煎日から2週間以内の豆のみをお包みして販売いたします。豆のみの販売にこだわりを持っております。挽いた粉での販売はしておりません。(挽いた粉は“刻んだ野菜たちの同じ”と考えております。)お客様のご自宅で、少しでも新鮮な農作物を味わって頂くために、グラインダー(コーヒーミル)をお持ちでない方は、是非コーヒーミルを一緒にご購入ください。

オーナー紹介【小林 博明】埼玉県深谷市出身(ふっかちゃんと深谷ネギが有名です)電機業界の営業マン 勤続25年勤務。食の専門校でバリスタの資格取得。双子の女の子のパパです。イチロー、松井秀喜の大ファン。お二人の言動、行動がとても素敵です。2001年から集めたコレクションを皆さんに観て頂きたくてカフェをはじめてしまいました。(笑)随所にこだわりをもって、来て頂いたお客様に心を篭めてご提供します。是非一度いらしてください。

The Sugar Spot Coffee 長野県 軽井沢/営業時間8:30〜16:30(ラストオーダー16:00)定休日:水曜日・木曜日 8月は水曜日のみ 3月は少し長い休暇をいただきます。〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1323番地1465 TEL&FAX 0267-41-0044